消化酵素とは

by admin on 2011年6月10日

消化酵素は、唾液の中や胃液の中、膵液の中に含まれていて、私たちが毎日食事によって摂る食べ物を消化分解し、吸収する働きを担います。

消化酵素がなければ、消化吸収作用が衰え、脂肪細胞が膨らみ、肥満化して太ってしまうことになります。

たとえば、唾液の中に含まれているアミラーゼは、炭水化物を分解しますし、胃液の中にあるプロテアーゼは、たんぱく質を分解、膵液の中にあるリパーゼは脂質を分解します。

つまり、リパーゼが沢山あれば、脂質をしっかり分解することができ、肥満にはならないと言うことになりますが、リパーゼばかりを酵素サプリメントで補えばOKと言うことでもありません。

どのようなものでもそうですが、バランスが必要ですし、何もかもをサプリメントで補うのは間違っています。

食事のバランスも必要ですし、酵素をしっかり働かせるための代謝を高める生活習慣も必要です。

そして、血流を良くするための運動も必要ですし、無駄に酵素を使わない努力も必要です。

酵素は使ってしまえばなくなりますから無駄使いはいけません。

足りなくなった部分をサプリメントで補えばよいのですが、やはり、もともと持っている命の能力により、一生分の酵素を上手に使っていくことが理想的です。

Comments on this entry are closed.

Previous post:

Next post: